NEWS☆アクセサリーのセレクトショップFuligo(フーリゴ)
by fuligo

★ home
★ blog
★ shopping
★ brand
★ shop access
★ link

Fuligoは TORQUATA(トルクアータ) DECO(デコ) KLASICA(クラシカ) jouer avec moa?(ジュエアベックモア?)、などを扱う個性的なアクセサリーのセレクトショップです。

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
アクセサリー
フーリゴ交遊録
その他のグッズ
イベント
お知らせ
雑誌、媒体
未分類
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
陶芸の日記みたいなもの
himie
Haidi Hadii ...
タカダブログ/ TAKA...
メモ帳
最新のトラックバック
雰囲気のあるCOTA時計たち
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
雰囲気のあるCOTA時計たち
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
コンてんポらりー・じゅエリー
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
ブックな物入れ
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
ブックな物入れ
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
名古屋パルコ
from 名古屋パルコの案内
トルクアータ(TORQU..
from ブログで情報収集!Blog-..
フランチェスコビアジア
from フランシスコビアジア 商品の..
タロット/タロット
from お悩み解消ネット
アンティーク家具
from アンティーク家具情報
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:フーリゴ交遊録( 25 )
nui と ami
a0044190_164082.jpg













Fuligoイメージヴィジュアルのアートワークでもお馴染みの
フクムラ ユキが作品展を行います。

今回は一ノ瀬若菜さんとの二人展。
フクムラ ユキは、刺繍による作品を中心に、
大版サイズの絵の多い見応えのある展示になるそうです。

以下フクムラ ユキによる作品コンセプトです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女であるために巻き込まれるトラブルや身体の痛み、
特有のもろさは常に手に触れるところにあって、
うっかりすると女である自分に嫌悪感を抱いてしまう。
コンプレックスから生まれる思考や言葉は醜かったり、
生々しいこともあるけど、とても愛しい。
手放したくないと思う。

テーマがあって、それを作品として形にするため、
線を引いたり、面をうめたりしてなぞっていく。
機械的な作業中に、テーマ、あるいはテーマじゃないことを考えていて、
その確固としていないぼわぼわとした思考のひとつずつを、
ひと針ずつ縫いつけて、確固とした作品にしていく。

もくもくと針を刺しつづける行為からは呪術的なにおいがする。
集団でお祈りするような仰々しいものじゃなく、
もっと個人的でひっそりとした「おまじない」の類。
誰にも聞こえないように、でも誰かに聞こえるようにスペルを唱えるような。

(粘着質)(加虐的)(女っぽさ)(柔らかな繊維)(きれいな色)
それらが交じり合って、近付いてきたものを巻き込めたらいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フクムラユキ 一ノ瀬若菜 group exhibition/2artists

「nui と ami」

2009.9.24(thu)~10.13(tue )

エビスアートラボ ギャラリー
名古屋市中区錦2-5-29 えびすビルパート1 4F
TEL/FAX 052-203-8024
12:00 -19:00

水曜休廊
http://www.artlabo.net


フクムラ ユキ HP


アクセサリー★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2009-09-20 16:22 | フーリゴ交遊録
SHADOW
a0044190_23121440.jpg


以前のブログでもお伝えしましたが、
armarium(アルマリウム)と、Fuligoイベントでもお馴染みのアパレルブランド
GARA(ガラ)のコラボレーションによるファッションイベント
「SHADOW」が先日行なわれました。

Fuligo店頭では現在、ショウの為に作り起こされたarmariumのアクセサリーを
期間限定で展示・販売中です。

今回のFuligoブログはFuligo交遊録番外編として
SHADOWのイベントレポートとarmariumのアクセサリーを紹介します。


a0044190_23214520.jpg
















SHADOWはFuligo主催のイベントではありませんが、
イベント当日がFuligo定休日の火曜日の開催という事もあり、
Fuligoスタッフも1観客として、ショウを観覧しました。

三部構成によるイベントは、サロンによるヘアメイクショーからスタート。
ステージ上では、実際にヘアサロンにいるようなリラックスした空気の中、
モデルにヘアスタイリングを施していくという演出で、
観客が見守る中、モデル達のヘアスタイルが出来上がっていきます。


a0044190_23305219.jpg




















モデルのヘアが完成すると、続いてファッションショーがスタート。
GARAの服を纏い、armariumのアクセサリーを身につけたモデル達が
ステージ上に登場します。


a0044190_2338747.jpg




















ショウ用作品ならではの贅沢に作り込まれたアイテム群。
写真のクラッチバッグは、GARAによるバッグのベースにarmariumが装飾を
施したダブルネーム。
貴重なヴィンテージ素材がふんだんに使用されています。


a0044190_2347685.jpg



















armariumの人気アイテム、ヴィンテージ鍵のシリーズも
ショウ用に、よりデコラティヴに作り込まれています。
写真はフランス製のヴィンテージキーに羽やビーズなどを合わせた
armariumらしいレイヤード感を感じさせるネックレス。



a0044190_23564834.jpg



















鍵繋がりで、こちらはイタリア製ヴィンテージ家具に付いていた鍵穴を
メインに、デザイナー自らがドバイで買い付けた古代レプリカビーズを
組み合わせたチェーンベルト。
エレガントな中に、ほのかにアラビックな香りを感じさせます。


a0044190_055489.jpg




















「光と影」をコンセプトにショウは進み、GARAメインのパートから
armariumのアクセサリーをフィーチュアした演出へと表情を変えていきます。
大きなお花のアクセサリーがショウ中でも一際目を惹いていました。



a0044190_0213683.jpg



















ポリエステル製のフェイクフラワーに手揉み洗いをかけ、
ヴィンテージ風の質感を出した後、染色を施したヘッドドレス。
染色は産地違いの紅茶各種、ドイツ製染色で8回繰り返したという
こだわりのアイテムです。


a0044190_0305592.jpg




















ヘアサロンとのコラボレーションという事で、こんなアイテムも。
フランス製ヴィンテージシャンデリアパーツをメインに、
タッセルパーツを組み合わせたかんざし。
インパクト抜群のピーコックの羽を使用しながらも、
抑えた色使いの為、決して派手にならないのがポイントです。


a0044190_0385541.jpg




















ピッグスキン製のドライビンググローブに何度も洗いをかけ、
使い古したような質感に。
同じく洗いをかけたフェイクフラワーのコサージュは取り外し可能です。



a0044190_0444237.jpg




















日常使いにも取り入れやすそうな小物類。
イギリス製ヴィンテージの真鍮プレートを用いたKeyチャームは
男性にも人気です。
ベルトループや、カバンなどにさりげなく着けて、コーディネイトのアクセントに。


a0044190_0541841.jpg


番傘を持ったモデルの登場でショウは終盤を迎えます。
GARA、armariumの両ブランドが持つ無国籍感と、
静かな中にもインパクトの伴ったフィナーレは、
会場に集まった観客の記憶に強く刻まれたのではないでしょうか。


Fuligo店頭でのarmariumイベントアイテムの展示販売は、
8月上旬頃までとなっております。

光と影の世界観を反映した最新のarmariumアクセサリーは
ショウをご覧頂いた方は勿論、見逃した方も必見のアイテムばかり!
是非店頭でご覧になってくださいね。


アクセサリー★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2009-07-13 01:12 | フーリゴ交遊録
MUTSU展
a0044190_19442773.jpg













獣たち 福村友希 2009


Fuligoのメインヴィジュアルでも、アートワークを担当して貰った作家、
フクムラユキが参加するグループ展が行なわれます。

MUTSU展

2009年4月18日(土)~4月23日(木)
11:00~18:00

ガレリア ポンテ
石川県金沢市野町1丁目1-44 宮本ビル1F
Phone・fax : 076-244-6229 

http://homepage3.nifty.com/ponte/framepage.html


a0044190_2115101.jpg



















↑Fuligoのイメージヴィジュアルとしても使用されている写真。
TORQUATAのレザー蝶シリーズをヘアアクセサリーのように髪に着けて
身体にフクムラユキによるボディペイントが施されています。

アクリル絵具でタトゥーのように肌に描かれた模様が葉緑素のように張り巡らされ
独特のロマンチックな雰囲気を醸し出しています。

レザー蝶シリーズはブローチとしてはモチロン、
お着物の帯留めにしたり、ヘアピンなどと組み合わせてヘアアクセサリーとして
お使い頂いても可愛いですよ。

フーリゴ ONLINE SHOP TORQUATA レザー蝶シリーズ



フクムラ ユキ HP


アクセサリー★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2009-04-17 21:31 | フーリゴ交遊録
WONDERTIME
a0044190_16282487.jpg




















「Fuligo in LACHIC 」への参加でもお馴染みのアパレルブランド
「GARA(ガラ)」がイベント「WONDERTIME」に参加。
初のファッションショーを行います。

「WONDERTIME」のコンセプトは「自己表現と、社会との融合」 。
アート、ファッション、音楽など、様々なジャンルの作家の輩出を目的に、
クリエイター自身の扉を社会へと開けるきっかけとなるべく、
東海地区の学生を中心の有志により企画・運営されているイベントです。

第1回は「ファッション」をテーマに
新進クリエイター5チームによるコンテスト形式のファッションショーが行なわれ
来場者による投票でグランプリを選出します。


今回、GARAは「欲望のかけら」をテーマに新作を作り起こしての参加。
タロットカードをモチーフとしたブランド「optoo(オプトー)」のアクセサリーを
モデルが着用するなどのコラボレーションも予定しています。


a0044190_16354170.jpg




















WONDERTIME
【日時】
 2009年 2月1日(SUN)19:30~21:00

【会場】
 千種座(千種文化小劇場)
 名古屋市千種区千種三丁目6番10号(地下鉄「吹上駅」下車 徒歩3分)
 http://www.bunka758.or.jp/02shisetsu/02shisetsu_16.html

【出場ブランド】

リアルクローズ
・GARA(Designer)
・dom(Designer In Osaka)
・DOPE(名古屋モード学園)
 ショーデザイン
・face each other(Free Designer)
・joker(名古屋学芸大学)  



チケットもFuligo店頭にて販売しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。



アクセサリー★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2009-01-12 21:30 | フーリゴ交遊録
戸惑う運命
a0044190_23245558.jpg



















Fuligoのクリスマス展示でもお馴染みの作家、
小椋ベニさんの第3回個展、「戸惑う運命」が開催中です。
初日に早速お邪魔してきたので、少しだけレポートをお伝えします。

↑写真は巨大なケーキの塔。
その他会場にはテントウムシが積み重なった塔やお菓子のオブジェ、
人気のキャンドルなど、夢のある立体作品が並びます。

a0044190_2035314.jpg



















今回は名古屋を中心に活動するインディーズアパレルブランド
GARA(ガラ)とのコラボレーション企画もあり。

「身に纏うアート」をコンセプトに、GARAが作り起こした洋服に
小椋ベニがペイントを施した作品を展示・販売。
GARAと小椋ベニ、異なる個性を持つ二人の作家。
コラボレーションによって生み出される化学反応がそれぞれの
新たな魅力を引き出します。


a0044190_21354749.jpg



















↑キュートなクマさんが乗っているのは、
色取り取りのアイスクリームやお花が沢山付いたファーのハット。
アイスクリームは取り外しが可能でブローチとしてもお使い頂けます。


a0044190_21452221.jpg



















↑オタマジャクシのペイントが可愛いスニーカー。
こちらにもアイスクリームが付いてインパクト大!
足元のアクセントになること間違いなしですね。
写真はレディースサイズのものですが、サイズのオーダーも可能だそうです。


a0044190_2216212.jpg




















表題作でもある「戸惑う運命」。
激しい色使いと、大胆な構図で描かれる世界は
Fuligoでの個展「お菓子のユートピア」での柔らかな雰囲気とは
また違った作家の新たな一面を感じさせます。




a0044190_2255081.jpg



















アイスクリーム付きファー帽子を被った作家・小椋ベニさん。
帽子の上のクマさんも馴染んでます★
作品は全て試着が可能です。
肩肘の貼った芸術作品だけで終わらない、身近に感じられるようなアート作品。
是非、観て、触れて、着て、「身に纏うアート」を体感してみて下さい。



小椋ベニ作品展 「戸惑う運命」
6月13日(金)~22日(月)

10:00~18:00(最終日のみ16:30)
Gallery アートウェーブ
(052)769-1386


名古屋市名東区富が丘44
島本画材アートウェーブ藤が丘2F

作家在廊予定:土日終日 平日14:00以降






アクセサリー★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2008-06-15 23:25 | フーリゴ交遊録
satela訪問記
a0044190_19155336.jpg



















少し前になりますが、プライヴェートな九州旅行の折、
福岡にあるsatela(サテラ)のアトリエにお邪魔してきました!

satelaのヘッドショップとしての役割も兼ねているアトリエは
福岡市は中央区、中心街から少し外れた街のビルの中にあります。

同じビルの中には他の作家さんもアトリエを構えていたり、
階下にはBARがあったりと、中々ユニークな場所です。
土地勘の無さから、道に迷ったりしつつ日が暮れた頃にようやく到着。
遅い時間に伺ったにも関わらず、satelaデザイナー林さんに快く出迎えて頂きました。

a0044190_19262339.jpg



















白い空間の中に浮かぶ緑色。
無駄な装飾を省いたミニマルながらも無機質ではないディスプレイは
satelaのアクセサリー同様、シンプルな中にも不思議な暖かみが感じられます。

この空間からsatelaの魅力的なアクセサリー達は生み出されるのですね。


a0044190_19345885.jpg



















空想の植物や岩肌、絡み合う枝や水中の生命など...。
自然界に存在する生命表現の一部を切り取ったかのような世界を、
金属を用いて瑞々しく表現するsatelaのアクセサリー。
さりげなく置かれた貝殻が雰囲気を引き立てます。

↑写真はGOLDのコレクション。
Fuligoでも人気の「増殖するデザイン」のペンダントもGOLDになると
また違ったイメージですね。
その他、Fuligoでお取り扱いが無いラインも揃います。
もちろん購入も可能。


a0044190_19511331.jpg




















アトリエ内にはsatelaと同じ、「Decorate-me(デコレイト・ミ)ー」
ブランドの、「a.g.t.a.m.(アグタン」)のコーナーも。

ascoltare ( 聴く) guardare (見る) toccare(触れる) 
arridere (微笑む) mangire ( 味わう)
これらの頭文字をとって a.g.t.a.m. / アグタン

satelaとはまた異なった魅力の、素材や色彩の遊びゴコロが楽しい
カジュアルなアクセサリーです。

a0044190_20394477.jpg




















季節や天候、元気な時やそうでない時など...
その日その日のシチュエーションや気分で
色とりどりのアクセサリーを気軽に付け替えて楽しめそうです。

[a.g.t.a.m./アグタン] オフィシャルHP




お取引させて頂いている作家さんの中でも、
直接アトリエにお邪魔出来る機会は中々無いもの。
今回satelaのアトリエにお邪魔して、デザイナー林さんのクリエーションに
対する姿勢に触れる事が出来、凄く刺激を貰いました。


お近くの方は是非足を運んでみて下さいね。


[ アトリエ・ショップ satela ]

福岡市中央区清川2-1-21 Lassic2F

Tel/Fax : 092-531-1212

営業時間:13:00~20:00

店休日:水・木・金 (アトリエとしての空間でもある為ショップ営業は休み)





アクセサリー☆Fuligo HP☆



 
[PR]
by fuligo | 2008-05-17 21:37 | フーリゴ交遊録
一日の終わりに
a0044190_21374841.jpg









Fuligoの営業時間は9時までですが
閉店間際にお見えになったお客様を接客していたり
閉店後に残って作業していたりすると、11時・12時過ぎてしまう
事もしばしばあります。

業務を終え、閉店作業を終えて少し照明を落とす。
一日を思い起こしてしばしのまどろみの時間。
頭を空にしてボ~ッと出来る貴重なひととき。
YOKO YANO の照明が一日の疲れを癒してくれるかのように
優しく店内を照らしてくれます。

最近は消してしまうのが、勿体無い気がして
点灯したまま帰ったり。

夜中にFuligoの前を通る事があったら上を見上げてみて下さい。
暗闇に浮かび上がる不思議なカタチが見えますよ。

『YOKO YANO EXHIBITION』 は、3.25(SUN)までです。




a0044190_21385715.gif
el fog /reverberate slowly



夜の手触り。
全てのものが時間を止めた静寂の中を
微かなクリック音やノイズ、ヴィブラホン、アコギなどのサンプル
が緩やかに流れていきます。
ベルリン在住のel fog によるスモーキーでセンチメンタルな
小品集。
[PR]
by fuligo | 2007-03-18 21:41 | フーリゴ交遊録
rooms レポ-ト③
作家さんそれぞれの世界観が打ち出されたディスプレイを観るのも
展示会の楽しみのひとつ。

a0044190_22582043.jpg










ウッドと金属で構成されたシンプルなhimieブースは、他のデコラティヴな
ブースの中にあって一際、来場者の目を惹いていました。
デザイナー下川さんにも半年振りの御挨拶。
作品同様の柔らかなキャラクターでブースに溶け込んでます。

a0044190_2312656.jpg










鍵のペンダットトップもアンティークの糸巻きと併せて飾ると新鮮な印象に。
好きな鍵を選んで、革紐を通すとペンダントの出来上がり。
紐の先は無造作に縛っちゃう感じがいいかも。
何気ないですが、こういう提案の仕方も楽しいですね。

a0044190_234244.jpg







既存のラインナップに加え、新作も勿論展示。
水晶と革紐を組み合わせた植物の蔦のようなネックレスが可愛い。

写真では分からない素材感や、着け心地などが確認出来るのも
展示会ならでは。
himieのようなシンプルなアクセサリーは特に、実際に手に取って
着けてみると印象が変わります。

今回も着けてみてイイ!となるものが多く、大満足なhimieブースでした。
[PR]
by fuligo | 2007-02-28 23:06 | フーリゴ交遊録
rooms レポ-ト②
前回の続き

rooms会場に入って最初にお邪魔したのはkayのブース

a0044190_21372941.jpg










19世紀後半ヴィクトリア朝のアンティークボタンを中心に、
海外で買い付けた天然石などのパーツを使ったアトリエメイドのアクセサリー。
http://jewelry-kay.com

思えばFuligoを立ち上げる際に最初にお話しをさせて頂いたのが
kayのデザイナー尾崎さんでした。
思い入れもひとしおです。

a0044190_21393894.jpg







一点一点丁寧にハンドメイドされたアイテムは世界にふたつとない一点物。
今回のroomsでは、従来のシックでアンティークな印象のアイテムに加え
キラキラ感のあるフェミニンなテイストを打ち出していました。

ブースのディスプレイもkayらしい上品で大人っぽい雰囲気。

a0044190_21421932.jpg







アクセサリーとなる前のボタンを見せて頂きながら
納品についての打ち合わせをします。

今回、Fuligoは女性だけでなく男性にも着けて頂けて
洋服にも合わせ易いデザインのものを数タイプオーダー。
4月頃の入荷を予定しています。お楽しみに!
[PR]
by fuligo | 2007-02-21 21:44 | フーリゴ交遊録
rooms レポ-ト①

先週15、16日とお休みを頂いて、アパレルとアクセサリーの
合同展示会「rooms 」に行ってきました。

roomsはH.P.FRANCEが主催する国内最大規模の展示会。
毎シーズン、年2回開催され、日本中からバイヤー、プレスが集まります。
勿論Fuligoも毎回観に行っています。

会場を、いつもの代々木体育館から六本木ヒルズに変更し
これまでとは異なった雰囲気の中行われた今回のコンセプトは
「JUNGLE-新しい冒険の旅へ」

a0044190_21282788.jpg








会場にもこんなゴリラのオブジェがいました。



アクセサリーブースの他、
話題のメンズブランドを集めた「Pregnant.」のコーナーや、
フランス婦人プレタポルテ連盟による海外ブランドのコーナー「livingroom」
最新ブラジルブランドを紹介する「ABEST」ブースなど
150組以上のブースが出展。
一通り観るだけでかなりの時間が必要です。

Fuligoブログでは「rooms レポ-ト」と題して次回も引き続き
rooms会場の様子をお伝えしていきます。
[PR]
by fuligo | 2007-02-19 21:30 | フーリゴ交遊録