NEWS☆アクセサリーのセレクトショップFuligo(フーリゴ)
by fuligo

★ home
★ blog
★ shopping
★ brand
★ shop access
★ link

Fuligoは TORQUATA(トルクアータ) DECO(デコ) KLASICA(クラシカ) jouer avec moa?(ジュエアベックモア?)、などを扱う個性的なアクセサリーのセレクトショップです。

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ごあいさつ
アクセサリー
フーリゴ交遊録
その他のグッズ
イベント
お知らせ
雑誌、媒体
未分類
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
陶芸の日記みたいなもの
himie
Haidi Hadii ...
タカダブログ/ TAKA...
メモ帳
最新のトラックバック
雰囲気のあるCOTA時計たち
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
雰囲気のあるCOTA時計たち
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
コンてんポらりー・じゅエリー
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
ブックな物入れ
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
ブックな物入れ
from テンゴク日記 〜海賊船ヘンブ..
名古屋パルコ
from 名古屋パルコの案内
トルクアータ(TORQU..
from ブログで情報収集!Blog-..
フランチェスコビアジア
from フランシスコビアジア 商品の..
タロット/タロット
from お悩み解消ネット
アンティーク家具
from アンティーク家具情報
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Fuligo フライヤー 2007 A/W
a0044190_2051353.jpg


















2007年 A/Wヴァージョンのフライヤーが完成しました。
インナーのカラーはサーモンピンク。
今号から右下に通し番号が入りました。
意識してませんでしたが、もう既に8号も発行してるんですね...しみじみ。

名古屋市内のカフェ、雑貨屋さんなどを中心に
配布していく予定です。

遠方の方で、ご希望の方はメールにてご請求ください。
fuligo@khc.biglobe.ne.jp

Fuligo オンラインショッピングで、ご購入いただいたお客様へは、
商品に同封させて頂いております。

配布にご協力いただける店舗様も随時募集しております。
宜しくお願いします。
[PR]
by fuligo | 2007-09-29 20:13 | お知らせ
ヴィクトリア朝期のボタン
a0044190_1921823.jpg

















ヴィクトリア朝。
ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の間、
大英帝国の絶頂期であるこの時代には
きらびやかで装飾過多な文化・芸術が生み出されました。

最近ではメイドさんブーム(!)や、ファッション界におけるここ数シーズンの
ヴィクトリアンスタイルの流行で注目され、広く認知されつつあるような気もします。

kayのアクセサリーに用いられるのも、そんな華やかな時代を
彩った個性豊かなヴィンテージのボタン達。

a0044190_22173567.jpg















花の時代とも言われるヴィクトリア朝期のボタンは
植物や女性の横顔などのフェミニンなレリーフが多く見られるのですが
今回の新作ではライオンやツバメなど躍動感のある動物モチーフもセレクト。

ヴォリュームのある太めのチェーンのタイプも御用意して
男性の方もコーディネイトに取り入れやすいデザインです。

a0044190_2224981.jpg















シックなダークトーンでまとめられたブレスレット。
こちらも色味は使わず、落ち着いた色合いのボタンを中心に
アンティークフィニッシュのシルバーで装飾、オニキスの漆黒の輝きが
手首を引き締めます。


デザイナー自身が海外で買い付けたヴィンテージボタンを
丁寧にハンドメイドで仕上げた、この世にただひとつのKayのアクセサリー。
流行に左右されず、一生物として長く身に着けて頂きたいアイテムです。


フーリゴ ONLINE SHOP

★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2007-09-24 22:37 | アクセサリー
torque
a0044190_194518.jpg

















久々に御紹介するSARUVOは,ケルズシリーズの新作「torque(トルク)」。
ズッシリとしたシルバーの重量感が存在感溢れるリングです。
新しく作られたものにも関わらず、遺跡の出土品のような雰囲気です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1968年 

イングランド サフォーク州 イプスウィッチの建設現場から
黄金に輝く6つのトルクが発掘されました。
トルクとは神の持ち物とされた頚輪で、その起源はハルシュタット文明まで遡り
知恵と勇気の象徴とされました。

BC1世紀、ブリテン島はカエサルの「ガリア戦記」にも登場する
ベルガエ族に支配されていました。
彼等の作ったトルク、盾、兜、指輪など今に伝わる華麗な装飾品は
ロストワックスと打ち出しを組み合わせた高度な装飾技法で作られ
ローマ支配以前のラ・テーヌ文明の香りを今に伝えています。

 SARUVO・HP「torque」解説より抜粋


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0044190_19481492.jpg















力学の用語で力のモーメントを表すトルク。
ラテン語の「ねじれ」=torqueoが語源とされています。
バックから見たリング部分もネジれを表現した造型になっています。


↓実際に指に嵌めてみるとこんな感じ。
a0044190_200548.jpg















写真では薬指に嵌めていますが、どの指に着けても似合うデザインです。
サイズは♯7~25まで対応。
コアなファンの方は勿論、初めてSARUVOを手にされる方にも
着け易いリングだと思います。



*FuligoではSARUVOの全ラインナップが御覧頂けるようになりました。
 実際に手に取ってみて初めて実感出来る存在感。
 是非お確かめ下さい。


★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2007-09-20 20:11 | アクセサリー
armarium 07 A/W
a0044190_23315192.jpg















armariumの秋冬アイテムはロマンティックなレースのシリーズで幕開け。

armariumと言えばやはりレース!という
ブランド立ち上げ時の初期衝動に立ち返り、且つ焼き直しではない
今のarmariumを感じさせる作品に仕上がっています。

写真の2点はフランス製アンティークレースにチェコビーズや
ラインストーン、淡水パールなどをふんだんに散りばめたブローチ。
ジャケットや帽子、バッグなどに着けて様々なコーディネイトをお楽しみ頂けるのでは。

a0044190_23252494.jpg















↑珍しい蝶のシルエットをかたどったレースのネックレス。
腰に巻いたり、ラリエットのように首にかけたり...
着用時のバランスで表情を変えるマルチユースなアイテムです。
シェルの小さな蝶のチャームがアクセントになって
二匹の蝶が追いかけっこをしているようです。

a0044190_2333118.jpg















人気のヘアピンもNEWカラーが入荷。
シックなデザインの日本製デッドストックボタンに合わせたのは
デザイナー・カンダチナツのお気に入りのロープパーツ。
過去のヘアピンシリーズと比べてもかなりのボリュームです。
勿論、ヘアアクセサリーとしてだけでなく、タイピン代わりに、
シャツやジャケットの襟などに着けてもかなり雰囲気が出ます。



armariumの作品は細部まで作り込んだ作風の為、少数生産となります。
現物を御覧頂く前に完売してしまう事も多く、御迷惑をお掛けしておりますが
写真では伝わりきらない作家のこだわりを是非現物を手に取って感じて下さい。



★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2007-09-17 00:06 | アクセサリー
ooso
a0044190_21422641.jpg




















ooso(オーソー)のベルトが入荷しました。
この夏、先行で展開していたブレスレットはHPにUPする間もなく完売した為
ベルトで初めてこのブランドの存在を知る方も多いかもしれません。

ネイティブアメリカンの言葉で”植物”を意味するooso(オーソー)。
草花や木、果物など植物を通じて生命力の強さと温かさを表現しています。

↓甘過ぎず、ハード過ぎず。絶妙なユルさで施されたペイント。
 カラフルなドット柄が可愛いです。
a0044190_22382462.jpg


















バックルから皮染め、 ペイント、ステッチに至るまで全てハンドメイドで
ひとつひとつ仕上げられているoosoのベルト。
レザーは天然植物の樹皮や実などから抽出したタンニンでなめされた牛革を使用し
使い込む程に味わいを増していきます。

a0044190_22245661.jpg


















oosoの特徴ともいえるバックル。
ハンドペイントにより年月を経た古道具のような雰囲気を感じさせます。

今回の入荷は上の写真の3種類。
それぞれ三者三様の個性があって、どれも魅力的です。

ベルトってなかなか「これだ!」っていうのが無くて、買う機会を逃してしまったり
してるのですが、久々に自分がしたいと思うベルトに巡り合いました。

気になる方は フーリゴ ONLINE SHOPまで。



★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2007-09-12 22:47 | その他のグッズ
night walk
a0044190_21584291.jpg

















「sing a song」




西智花EXHIBITION 「all about night」
お蔭様で大盛況のうちに終了致しました。

猛暑の中、足をお運び頂いた皆様有難うございました!
お越し頂けなかった皆様の為に、今回は作品の一部をUP致します。


a0044190_2242935.jpg















「eyes」





a0044190_2273861.jpg















「drawing」





a0044190_22114588.jpg















「night walk」






a0044190_22164916.jpg















「tick-tick」
[PR]
by fuligo | 2007-09-07 22:22 | イベント
太古の記憶
a0044190_15325343.jpg




















9月に入りjujuの新作が入荷しました。
今回はjuju×Fuligoらしい濃いもので(笑)というオーダーで
デザイナー三田さんに作って貰いました。
点数は多くありませんがどれも存在感たっぷりです。

毎回人気のアンモナイト。
今回はフランス出土・ジュラ期の黄鉄鉱化したアンモナイトを半分にスライス、
カットし研磨してニット編みした通称「おくるみアンモ」です。

a0044190_15295999.jpg


















サイドに配されたインド金属パーツ、チェーン下部のチン族の金属パーツの重厚感と
コーヒー染めのリネン紐で編みこまれたアンモナイトの質感がイイ感じに合ってます。
モチーフが化石という事もあり、男性の方を意識して、
ちょっと長めの60cmで作って貰いました。


a0044190_15404224.jpg


















そしてjuju初の試みとなる三葉虫のネックレス。
モロッコ出土・デポン紀の三葉虫の化石をリネン紐で編込んでいます。
コーヒー染めのリネン紐でインパクトのあるモチーフも柔らかい印象に。
サイドにはアフリカ、ベニン族の金属パーツ(18C~19C頃のもの)
チェーンには19Cエチオピアシルバー(19C)で、こちらも長めの60cmです。


その他のアイテムはこちらから~
フーリゴ ONLINE SHOP


Fuligoではいわゆる綺麗な石よりも化石などの方が好評なようです。
コンセプトが「古びたもの 奇妙なもの それでいて美しいもの」ですしね。
長い時を経て、形成された自然のデザインの美しさ。
アンモナイトや三葉虫が生きた太古の時代に想いを馳せつつ...。


★Fuligo HP★
[PR]
by fuligo | 2007-09-05 17:29 | アクセサリー